2019年7月21日(日)

第55回鎌倉合唱連盟 定期演奏会に出演しました。

「初恋」 作詞 石川啄木 作曲 越谷達ノ助 編曲鈴木輝昭

「アタックNo.1」 作詞 東京ムービー企画部 作曲 渡辺岳夫 

編曲 田中達也

 

鮮やかな黄色のポロシャツはアニメ「アタックNo.1」のこずえのリボンの色でした。ソロ達のリボンはメンバーの手作りです。

浦畑先生の早着替えから観客の心をつかみ、「初恋」ではしっとりと歌い上げ、「アタックNo.1」では、ソロや小芝居のメンバーに笑いや温かい拍手をもらえました。最後の全員で手を振るシーンでは、曲が終わる前から拍手喝采。お客様に楽しんでいただけて大成功でした!

2018年11月4日(日)

鎌倉市民合唱祭に参加しました。

今回は、

中島みゆき 作詞・作曲   源田俊一郎 編曲

『ほうせんか』

『雪』

の2曲でした。

 

悲しく切ない女心をいかに表現するかがテーマでしたが、いかがでしたでしょうか?ほうせんかの「赤」と、雪の「白」からイメージした今回の衣裳は、一気にステージが華やかになったと好評でした。

2018年9月16日(日)

プライエムきしろの敬老会にお招きされ、唱歌から演歌、讃美歌まで、盛りだくさんのプログラムをお届けしました。

こちらの施設で働く、団員メンバーによる司会や、団員メンバーのお子さんの参加もミニコンサートを盛り上げてくれました。

2018年7月8日(日)

第54回鎌倉合唱連盟定期演奏会に参加しました。


「宵待草」 作詞 竹久夢二 / 作曲 多 忠亮  / 編曲 鈴木 輝昭


「お菓子と娘」 作詞 西條 八十 /作曲 橋本 国彦

 

「お菓子と娘」の舞台であるフランスの国旗をイメージして、赤のドレスに白い花と青いリボンでコサージュを手作りして付けました。新入団員も加わり、華やかなステージになりました。

 

2017年10月15日(日)

大船教会で初めてのコンサートを開催しました。

復興支援チャリティコンサートとして、チケットは完売、満席でのコンサートとなりました。ご来場の皆様、心より感謝申し上げます。

また、快く会場をお貸し下さった大船教会に一同感謝しております。

【プロフラム】

第一部 フォーレ「ヴィレルヴィルの漁師のミサ」

第二部 童謡メドレー「いつの日か」 源田俊一郎 編曲

第三部 復興支援ソング「上を向いて歩こう」他

 

最後は会場の皆様と「花は咲く」を一緒に歌いました。

チケット代と募金箱に集まったお金は全額「リフレッシュ神奈川」に

寄付させて頂きます。

2017年5月13日(土)

台子ども会の新入生歓迎会で演奏しました。

山の中の予定でしたが、朝からあいにくの雨で、屋内での開催となりました。雰囲気のある素敵な古民家で、縁側がステージとなりました。

1曲目はCMでおなじみの『海の声』。レインスティックと呼ばれる楽器で海の音をイメージし、大人が弾く、優しい音色のピアニカの伴奏で演奏しました。

子供たちもとても静かに聴き入ってくれました。

『世界中のこどもたち』と『ともだちになるために』は、子供たちもよく知っている歌で、一緒に歌って楽しい会となりました。

2016年12月25日(日)

介護施設”プライエムきしろ”に訪問演奏に行きました。

別れのブルース、蘇州夜曲などの懐メロや

クリスマスソングなどを演奏しました。

会場の皆様が一緒に口ずさんだり、あたたかい拍手をたくさんして

下さったりして、楽しいひと時を過ごすことができました。

 

 

2016年11月3日(木)

鎌倉市市民合唱祭に参加しました。

『今、ここに』 作曲:松下耕 作詞:伊藤 玲子

『大阪風お好み焼き』 作曲:吉岡 弘行 作詞:伊藤千鶴

の2曲を演奏しました。

 

しっとりとしたアカペラの1曲目とは対照的に、

2曲目は乗りのいいダンス付きで、最後は

手作りの巻きスカートからボンボンを出し、

コテの上のお好み焼きを表現しました。

 

 

8月25日

女声合唱団MUSEのミュージカル”サウンドブミュージック”に修道女役として賛助出演しました。

真っ暗な中、客席からグレゴリオ聖歌を歌いながらの登場でした。

ミュージカルのステージは、合唱のステージとはまた全然違い、貴重な経験ができました。